HOME               
 軽井沢 ペンション コックロビンハウス カントリーダイアリー
 

5/26 水色のアヤメは清楚です。
 軽井沢 ペンション コックロビンハウス
5月、標高1000メートルの高原は
花々がいっせいに咲いて
華やかになります。
6月、シベリヤアヤメの深いブルーが印象的

5/26 セイヨウギボウシは大きく
成長し天使も埋もれそう。
2018年12月1日より全館禁煙となりました。

 

              

盛夏のプランタ
サフィニア 木立ベゴニア シオン


初秋のコスモス
標高1000メートルの軽井沢は、日中と朝夕の気温差があり
コスモスの花の発色はとても鮮やか、
サイクリング中の、道沿いのコスモスが秋風に揺れています。


季節と時刻の移ろいに豊かに表情を
変える軽井沢の風景。

林の中に佇むコックロビンハウス
周辺の自然観察を日記にしました。

 
<2018年>November
23日 勤労感謝の日


★カントリーダイアリー  2018  


軽井沢の風景、鳥、草花、田舎の暮らしなど etc・・・。
11月


サッカーグランドも
落ち葉を掃き集めています。

街路樹のドウダンツツジは
最終の鮮やかな色です。
11/13 正午、薄曇り気温10℃、
林の木々の紅葉も終わろうとしています。
近くのコテージの庭も落ち葉が降り積もっている、
夏に外で育てたカクタスは南側の窓辺で咲き始めました。



谷あいの紅葉

桜並木
11/2 標高500mの小諸市へ出かける、里山もすっかり色ずいています。
道路わきのリンゴもたわわに実っています。
サンフジ<蜜入りリンゴ>は霜が降りる11月後半からが一番おいしい。


10月
10/24
コックロビンハウス周辺の林の中をカメラを持ちながら散策、
紅葉が印象的な木を選んでシャッターを押しました。
季節の移ろいを感じました。


10/17 朝夕の気温が低くなり、6℃~8℃です。
紅葉も進んでいます、ニシキギ、イチョウ、ナツハゼ、テンクワガタの実<左から>
ツル性の棚の下枝に
アケビを見つけました。
ナツハゼの実は
ジャムの材料に
なります。
カエデの大きな木の下の
落ち葉は形も色も秋らしい。
秋の林の中にひっそり咲いている
リュウノウギク



林の中にモミジの色が
目立つようになりました。



10/12 カエデの紅葉
木の下に落葉する
葉の形と色が美しい。


ツルバラの赤い実の
一枝を素朴に壁に飾る
乾燥しても秋の風情がある。


垣根のドウダンツツジは
今一番色鮮やか
目線の高さなので繊細。





秋の浅間山、
ススキの穂が高く伸びて
荒涼とした風景が山懐に
広がっています。
10/8 オナガが10羽ほどの群れを見つけました。
カケスより少し大きく、尾は長く、胸は白く翼と尾羽は青い。
ウメモドキの実が熟すると、ヒヨドリなどが赤い実を
啄ばみに集まります。
ペンションの周りの林の木々にも秋の陽が差し込み
ツタウルシが赤く染まってきました。


10/3 晴、午前9時 気温11℃
季節が移り、リンドウの青色、カンボクの赤い実、シオンの紫色、ワレモコウの赤茶色など<左から>
秋らしい花々が野山に咲いています。


9月

9/26
朝夕の気温が低くなり
ハナヒョウタンボクは葉と実が赤くなっている。

夕暮れ時、秋の柔らかい陽が
リビングに差し込ンでいます。

ヤマボウシの木に
赤い実が熟して
秋の風情です。


気温が低くなるとともに
夏は白かったミナズキの花も
色ずき始めました。
9/22
野に咲く野草、ススキ、リンドウ、ワレモコウなどを
素朴なガラスの花瓶に入れ、秋の風情を楽しむ。

白とピンクのシュウメイギクは
花弁が丸く、どこかエキゾチック



9/18 早朝12℃薄曇り、散歩に出かける
林の中をぬけ、開けた草地に出る、オミナエシとコスモス・フジバカマ・アサマフウロウ・ゴマナ<左から>など
秋を告げる花々が咲いている。足元から虫の音が聞こえてきます。



8月


ルドベキァは小さなヒマワリ
盛夏の庭を明るくします。

8/12
午前8時、気温20℃
リビングのドアを開けると
テラスに出られます。


エキナセアは鮮やかに
発色
白、黄色、ピンクもあります。




軽井沢の夏の山野草
レンゲショウマ


8/3  午前6時、気温18℃
テラス前のミナズキの白い花が
たわわに咲いています。


食後のテラスは
夕涼みには最適です。


ナデシコは
軽井沢でも越冬します。
とても強い植物



7月

7/27
軽井沢の夏に咲く
オカトラノオ(山野草)

地元の高原野菜で作った朝食
ジャーマンポテトの野菜のソテー添え
スタッフドエッグ、レッドプラム添え

(こんな朝食の時もあります。)

早朝気温16℃
日中24℃

レモン色のユウスゲ
風に揺れて涼しそう


マツモトセンノウ
軽井沢で生育しています。



夏に元気な
ウエルカムプランツの
サンパチェンス
7/18
トレニア(夏スミレ)、コリウス、エキナセア、セイロンランティア、ルドベキア
テラスの夏花も生育旺盛です。 


エントランス
チャイムでお知らせください。


ウエルカムプランツの
木立ベゴニア

7/4
庭のヤマアジサイはこの季節
枝に花をいっぱいつけています。


サロンの一角



2018年4月 2018年5月 2018年6月

このページの一番上へ

 COUNTRY  DIARY 2018 
    Green Thoughts   

October

カンボクの実

ナツハゼの紅葉
10/18 軽井沢の雑木林も紅葉が日々進んでいます。
今月は早生リンゴの収穫がピークを向かえ、
秋映、シナノスイート、シナノドルチェ、シナノゴールド、紅玉など市場に並んでいます。
紅玉は熱を加えると、酸味と甘みにトロッとした食感が特徴、
ジャムやパイ、タルトなどを作っています。

September
9/18 気温25℃、残暑厳しい日、
木々の間から見える夏空。
庭の花を花瓶に生ける、キバナホトトギス、
ベンケイソウ、白いシュウメイギクなど、
少しは秋が感じられるかな
アザミ科の花、アゲラタム
爽やかプルーの花色が
ボーダーガーデンに向いている。11月の霜が降りるまで咲いています。
庭の山野草に飛んでくる蝶、
アサギマダラかな?
南の九州まで渡るという、
ホントかな?わかりません?
AUGUST

エントランスの足元に咲く
ポーチラカは
マツバボタンに似ています。

8/27
今年の夏は猛暑の日も数日ありました。
南寄りの風が吹いている時は浅間山の煙は見えません。
噴火警戒レベルは現在1で穏やかです。

軽井沢の夏に咲く
カクヒマワリは
木陰でもよく咲きます。
JULY


ミズナラの大きな木が
木陰を作ってくれます。

木々を渡る風と
夏鳥のさえずりが
聞こえています。
7/23 軽井沢の気温は30℃近くになっています。木陰の林の道は、3℃~4℃気温が低く汗がひきます、散策は林の道で、午前中がおすすめ。この季節、コテージの庭や開けた草地には、大きくて白いヤマユリやヒマワリが咲いています。  

夏らしく葉の色が
鮮やかで
大きなコリウス


午後は時々雷雨になります、空模様に
ご注意を・・・、

雨あがりの朝のテラスは爽快です。

JUNE

6/10
新緑の森を縫って流れる
渓流湯川。
川面に大きなアオサギを
見かける時もあります。
イワナやヤマメを追う釣り人
の姿もあります。
6/19 今年は木々の新緑の密度が濃く、ペンションの屋根を覆っている。

梅雨の季節は信州特産の、みずみずしい高原野菜も市場に沢山並び、
アンズやウメの収穫も始まりました。
この素材を使ったオードブルやスープ、デザートの仕込もはじまり、
キッチンもあわただしくなってきました。

周囲はミズナラ<ドングリ>の林です。

6/19 庭のカンパニュラ
MAY
 
5/12
ミズナラの大きな木も
芽吹きが始まりました。
5/12 高原の初夏は花々がいっせいに咲いて華やかになります。新緑の林の中に夏鳥のカッコウの鳴き声が大きく響いています。
2日前、早朝の気温が3℃になり、浅間山の山頂が雪で白くなりました。日中は20℃になり木々を渡る風が爽快です。

シャクナゲ

そろそろドウダンツツジの刈込をしなくては
とても大きくなり庭の中心を占めている。
 APRIL

新緑の静かな三笠通
り野鳥のさえずりだけ
が聞こえてきます。

爽やかサイクリングを・・・。
4/16 軽井沢の林もモノトーンの冬景色から、新緑の季節へと進んでいます。早朝の気温がまだ0℃以下の時もあり、霜注意報が出る時もあります。日中は気温も16℃~18℃で暖かくなり、サクラは7分咲き、野鳥の鳴き声も活発になり、国道を行くバイクの音も遠くから聞こえてきます。

印象的な黄色い
レンギョウ周りを
明るい雰囲気にします。

春のテラスは新緑が
爽やか。

サクラが咲いて
長い冬が終わる。
MARCH


3月は軒下に雪が
まだ残っています
3/25 午前10時晴れ、気温18℃。雪解けで湯川の渓流は水量が増え、激しく流れ下っている。日当たりのよい川の土手にはマンサクの木が黄色い花をつけ、セイヨウタンポポや水色の小さなフグリが群生している。
日曜日の湯川公園は子供たちの明るい声が賑やかだ、犬たちのリードを引く人々もゆったりとして春の陽気を楽しんでいる。
 
スノードロップが咲きました
 
薄紫のクロッカス
 
窓辺は陽射しで明るく
 February

コックロビンハウスに通じる道も
時々雪化粧します
2/28 林の中も雪解けが進み軒下の木陰以外はほとんど雪がなくなり、スノードロップの小さな花芽は咲こうとしている。地表はまだ凍土で固く、土が緩んだ庭の陽だまりにスイセンの新芽が落ち葉の間から顔を出している。
浅間山には霞がかかり季節が移ろい、セキレイが飛び交う小川の岸にはクレソンが成長しその緑が印象的になっています。
 
ウインタースポーツ

今日のデザートは
フルーツケーキでおもてなし

庭で雪遊びもできます
January

冬は晴天率80%、
くっきりと浅間山が望めます
1/29 一年の内で一番寒い時期です。日中でも気温-4℃、西高東低の気圧配置では軽井沢は明るく晴れて湿気がなくカラッとしています。林の道は固く凍土になり、枯葉や枯草には霜の結晶がつき、陽射しを浴びて輝いています。
静かな林の中に時々キジのかん高い鳴き声が響いています。

ウインターメニューで
温まって

ドアリースも正月用

加賀人形と鏡餅

このページの一番上へ

 COUNTRY  GARDEN NEWS


     For Your Garden A Little Hint 
    

ミツバツツジが色鮮やかです スズランスイセンが風に揺れる 南側の出窓にはカンパニュラの鉢を置いて
5月の庭  上の写真をクリックすると大きくなります。
このページの一番上へ

 For Your Garden A Little Hint 
    
ペンションの庭に咲く花
初夏
                                                                                                                          

ガーデンテラス

木漏れ陽に包まれたテラス席でご希望により朝食が楽しめます。
(6月~10月)気象条件により可能


庭の餌台で
野鳥やリスも
ランチタイム
 
野外のティータイムは
貴重な時間

TEA IN THE GARDEN
of home mede cake


初夏のハンギング
GARDEN  TERRACE
さわやかな緑に囲まれて
晴れた日にはテラスで朝食を・・・

朝食は
摘まれたばかりの新鮮野菜
スパニッシュオムレツ
オートミル
フレンチトースト

クレマチスとビオラ
  このページの一番上へ
 
ご予約は予約フォームまたはお電話で 
HOME 館内ご案内 料理 カントリーダイアリー アクセス
プラン一覧 空室情報ご予約 周辺見どころ スポーツ Eメール
軽井沢 ペンション コックロビンハウス 軽井沢 ペンション コックロビンハウス

〒389-0111 長野県北佐久郡
軽井沢町長倉2433-11
TEL.0267-46-2598
FAX.0267-45-6328
http://c-robin.com/